革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス、SELLE ANATOMICAの修理

2019年01月27日
4
0
サドル沼・シートポスト
最近、なぜか枕草子、源氏物語、日本文学に興味津々のブルーです。


最近のブログでは何度も出てくる「骨折」の文字ですが、実は自転車でこけまして。。。

。・゚(゜´Д`゜)゚・。

ちょっとしたコケではあったのですが、左の肩甲骨が骨折という大事になってしまいました。乗っていたミニベロは、折り畳み自転車のDAHONなんですが、傷が多数で走行もままならなくなってます _| ̄|○


大きな傷を負ってしまった、ブルーと革サドルを復活すべく、傷を癒していきましょう!


サドルは、穴あき革サドルのSELLE ANATOMICAです。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_0

▼詳しい穴あきサドルは


ぱっと見は何でもないように見えますが

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_1


右端部がガッツリえぐられてしまいました ΣΣ(゚д゚lll) ガガーン!!

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_2


ブルー自身は、左側に倒れて左手で支えたことによる左肩甲骨の骨折ですが、ダホンは右側に傷があることから、右側に倒れた模様。実は、倒れた後は少々記憶がぶっ飛んでいます。


久々に革サドルをよーーーーく見てみると、銅リベットが錆びています。今や緑青は毒性のないモノと言われていますので、革の経年劣化と合わせた色調を楽しむのもありではありますが、一生ものとして使っていくため、まだまだ3年目のひよっこ革サドルは綺麗にしておきましょう。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_3


では、実際に傷のメンテナンスを実験していきましょう!

まずは汚れをふき取ったり、ブラッシングして取り除いておきます。じっくり状態を観察しておきます。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_4


けっこう深い傷です。アスファルトで擦られた感じです。ささくれ、穴のように大きくえぐれてるところもありますね。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_5


えぐれた穴はともかく、ささくれは紙やすりで滑らかにしてみます。

手持ちの紙やすりに400番があるので、これから始めてみます。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_6


範囲が小さいので、5分ほど紙やすりで削ってみました。陥没したところまで削ると穴があきそうなので、ある程度のところで様子見です。

( ゚∀゚).。oO なんか象の足みたいですね

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_7


普段ならこれでお仕舞なんですが、ブログに書くと思うと、仕上げの磨きもやっておきます。

手持ちで一番細かな600番の紙やすりで仕上げといきます。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_8


さっきと何が変わったのか分かり難いですが、肌触りが別格です。スベスベ、サラサラ、赤ちゃんのお尻みたいです。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_9

銅リベットもピカピカにして

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_10


けっこう簡単に削れるので、やり過ぎにはご注意ください。消しゴムのカスのようにポロポロと削れていきます。削れカスは取り除いてから、シュプリームクリームで革サドルを整えてみましょう。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_11


まずは、紙やすりで削って、地肌があらわになってしまったところだけ。指でクリームを広げていきます。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_12


やや乾燥した状態です。まーまーかな。。。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_13


ブラシで艶出してみると良い感じかな。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_14


せっかくなので全体にもクリームでメンテナンスしておきましょう。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_15


紙やすりで削ったところは2度仕上げとなります。コケた思い出とこれからの教訓として穴は逆に残しておきます。

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_16

これからも使いこんでいくうちに、いい味となってくることでしょう (^ν^)


今回の革サドルのメンテナンスは
 紙やすり#400
 紙やすり#600
 ブラシ
 コロニル・シュプリームクリーム
 マイクロファイバークロス

革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス_selle anatomica_17


完全復活とまではいきませんが、十分使える満足したメンテナンスとなりました \(^o^)/

Vintageと言う染色がない革素材そのもののサドルだったから簡単にいきましたね。一生モノの革サドルとして、使い込んでいきたいと思います!


 



TOP > ミニベロカスタム > サドル沼・シートポスト > 革サドルの傷を紙やすりでメンテナンス、SELLE ANATOMICAの修理
関連記事
ブルー
Posted by ブルー
娘2人の子ばなれできないパパ
愛車1号:GIOS・MIGNON
愛車2号:DAHON・Mu EX
いつかロードバイクで早5年
なんだかんだミニベロ大好き!
ミラーレスカメラEOS M3
アルコールストーブをお供に
ボクシング、筋トレ、ウクレレ
シンプルライフを目指してます!
コメント、リンクはWelcome! 
どうぞよろしく((^┰^))ゞ

Comments 4

There are no comments yet.

ゆーたそ  

さすがブルックス
丈夫ですね
守ってくれてありがとうとサドルを撫でてあげましょう
そうすると小さな願い事が必ずかないますよ!

嘘です
すみません
でもきっと良い事があると思います

ブルーさんお大事に!



2019/01/30 (Wed) 06:41
ブルー

ブルー  

Re: タイトルなし

ゆーたそ さん、こんにちは♪

お心遣いありがとうございます!

今年は、そんな感じでどん底から始まったので、あとは登るだけです!

登るのは苦手なんですけどね。。。(≧∇≦)

実は、ブルックスじゃない方の革サドルなんですよ。紛らわしいタイトルの付けた記事ですけど。( ゚∀゚).。oO目論み通りだったりしますけど

怪我しないよう自転車生活楽しみましょう!

2019/01/30 (Wed) 16:16

ゆーたそ  

いやーん♪(/ω\*)
ブルックスじゃないじゃない

2019/01/31 (Thu) 00:33
ブルー

ブルー  

Re: タイトルなし

引っ掛かったなーお主ー (σ≧∀≦)σ

自転車乗りなら誰もが知っている『ブルックス』って言葉を使いながら。。。ちょっと違う!

セラアナトミカ!selle anatomica!こちらも覚えておくと、尻痛チャリダーならいいですよー

2019/02/01 (Fri) 21:19

Leave a reply