最強ボクサーマイクタイソン自伝『真相』、ボクシングが熱い!

JKの娘から『まじ卍』の使い方を指南されているんですが、まだよく理解できていないブルーです。


皆さん、マイクタイソン覚えてますか~

ボクシングの元ヘビー級チャンピオンってことは知ってますよね~

東京ドームのオープンでもタイトルマッチが行われました。

チケットがうん十万という、バブル時代の象徴とも云える世界的なビッグイベントでしたね。

そして、再び行われた東京ドームのタイトルマッチで初のKO負けでチャンピオンからの陥落。

その後、イベンダー・ホリフィールド戦では耳のかみつき事件などありました。

断片的ではありますが、インパクト極まりない髪形のドン・キングとセットになって記憶が残っています。

真相_マイクタイソン_10



あのころの漫画では、けっこうタイソンっぽいキャラクターがたくさんあったような気がします。

とにかく極悪非道、ルール無用、心底悪いやつなんてイメージでした。


しかし、今の時代は本当に便利というか、情報に溢れすぎてますよね。

見たい動画がYouTubeにたくさんあるので、思い出もすぐに振り返ることができます。


ちょっとしたボクシングへの興味から、タイソンの動画を見て、今更ですがたった一発の右フックでKO、魅了されちゃいました。

まさかの、ブルーの3つ上、同世代のパイセンじゃーんってところも興味が出たポイントです。

20歳でチャンピンになったので、同年代とは思ってもいませんでしたから。


とにかく、これを見てくださいこの動き、ものすごい速さ(2分30秒ぐらいからその片鱗が見られます)



ここ最近ボクシング三昧ですが、このマイクタイソンの動きの速さは、どんなボクサーにも負けないんじゃないかな


正直言うと、ボクシングはそれほど好きではありませんでした。

特に、ヘビー級なんて、ガードの上から一発でKOしちゃうんでしょ。

テクニックとか関係なく、力だけの世界でしょ。

体重の上の制限はないから、でかいもん勝ちでしょ。

なんて思っていました。

( ゚∀゚).。oO KOシーン、ダイジェストとかしか見たことなかったんでしょうね



それから、KOシーンなんかは、迫力があって興奮しますが、


パンパンパン。。。クリンチ

パンパン。。。クリンチ

( ゚∀゚).。oO なんかゴニョゴニョしてる。。。



なんか、いいところでつかまってクリンチで一旦STOP。。。

ちょっと打ち合うと抱き合ってクリンチ。。。

( ゚∀゚).。oO もちろん、クリンチもテクニックってことは分かりますが

とにかくボクシングは打ち合いがだいご味なんですが、そうそう見ることができないところが、だんだん興味がなくなってきたところかもしれません。


そういうことを考えると、タイソンとイベンダー・ホリフィールドの試合もイライラな戦いでした。

耳をかみ切るっていうのも、何となくわかるなーなんて思いもありながら、でも当時はタイソンに思い入れがなかったんでしょうね。最悪なボクサーだと思ってました。


でも、先ほどのYouTubeをきっかけに、タイソンの戦いを見ると、ものすごいことが分かりました。

マイクタイソンのインファイトの戦いが見ごたえあります。見てて楽しい

とにかく、相手の懐に入り込んで『打つべし打つべし

とにかく、逃げずに『打つべし打つべし

とにかく、打たれても『打つべし打つべし




早速、こんな本を読んでみました。

『真相ーマイクタイソン自伝』

真相_マイクタイソン_1

顔に入れ墨いれちゃう、やっぱり最悪なタイソンって感じで、読み始めました。

広辞苑かと思わせる分厚い本です。

とにかく、659ページを誇る大作です。

真相_マイクタイソン_2

もちろん、図書館で調達です ((^┰^))ゞ テヘヘ

真相_マイクタイソン_3


タイソン、なかなかの文才です。

ラリースローマンとの共著、日本語訳もありますが、少なくとも、本ブログよりも読みやすいしおもしろい (☆∀☆)マケタ

サクサク進む感じが、心地よく読めるポイントの一つです。

もしかしたら、ブルーよりもたくさんの本を読んでいるかもしれないタイソン。恐らく勉強はできなかったかもしれませんが、なかなかの切れ者を感じます。地頭は良いと感じました。

基本、時系列に書かれていますが、最初のつかみも抜群です


幼少期から、チャンピンになるまでの下積み時代なんかは、あの恐ろしい顔つきが、やさしく見えてきちゃうんですよね。

エマニエルのぼうやが頭に浮かんでくるような、ボクシングに真剣に打ち込む姿は、共感しちゃいました。

それ以降が、ああまりにもダメダメ人間なんですが、何でも洗いざらい書いちゃうところは、タイソンいいー 

平和な世界に暮らす日本人にしては、えー、それ犯罪じゃないのー、いろんな有名人出ちゃってますけど、それって逮捕されちゃうんじゃないのー

って心配になっちゃいますが。。。


当然、途中途中の戦いが書かれています。

ぜひ、YouTubeで試合を見ながら読み進んでいただくと、より楽しめるんじゃないかな。

本人が赤裸々に戦う状態も書かれています。

東京ドームの負け試合は、そりゃ。。。ダメでしょ。。。


けっこう、タイソンには思い入れが出てきちゃって、『おいおい、いいかげん反省しろよ』 『もういいから、ボクシングに真剣に取り組めよ』 

後半は、あまりのダメダメぶりであきれちゃいます。


総てのボクシングを見たわけではありませんが、タイソンは規格外ですね。

あの体であのスピード、しかもあのパンチ力

頭を振って懐に迫ってきたら、御免なさいするしかありません。

しかも、実は打たれ強い。ヘビー級って一発KOのイメージがありますが、KOにいくまでは、けっこう撃たれまくります。インファイトの宿命なんでしょうか。

でも、何発撃たれようが倒れないんですよ。体を動かしているから、クリーンヒットはないのかもしれませんが。


さらにさらに、一発のパワーがありますが、必ず、左、右、アッパーと連続してパンチしていたり、抜け目もないタイソンです。


でもかなしいかな。チャンピンになってからは、ほとんど練習の話はでてきません。本当にしていないんだろうなー

3度もチャンピンに返り咲いていたりしますが、チャンピオンまでの練習で、ここまで持っていけるっていうのは、逆にすごい。


ボクシングのエンターテイメントとしての地位を築いたのは、見ていて気持ちいいタイソンのあのスタイルがあったからではないだろうか。



ボクシング始めて見ようかなー ゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○

真相_マイクタイソン_9




そして、井上 尚弥チャンピンも非常に魅了される選手です

ガードの上からバンバン打ち込んでいながら、相当なダメージになる重いパンチ力があります。

ボディを打たれてうずくまるシーンはなかなか見ないですよー

そして、ガンガン攻めながらもきっちりパンチを避ける冷静さと反射力

さらにタイソンにはなかった?イケメン振り。

女子(拳闘女子と名付けておきましょう)を巻き込んでボクシング業界を変えちゃうかもしれない要素がたっぷりです


ボクシングが熱いです



  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

真相 マイク・タイソン自伝 [ マイク・タイソン ]
価格:2916円(税込、送料無料) (2018/5/8時点)



Top > 筋トレ・ボクシング > 筋トレ・ボクシング > 最強ボクサーマイクタイソン自伝『真相』、ボクシングが熱い!
関連記事
マイブーム

2 Comments

上星川  

横浜市立図書館、我が家には昔の紙製で住所や名前が手書きの貸し出しカードがまだありました。都筑区等が無い14区だった頃のものです。京急の日ノ出町で降りて徒歩で行きました。記憶では70年代後半にはまだ駅から図書館までの通り町にストリップ劇場があったような・・・図書館通いの貧乏学生は寄りませんよ(一応説明だけ)

2018/03/13 (Tue) 21:47 | EDIT | REPLY |   
ブルー

ブルー  

Re: タイトルなし

上星川 さん、こんばんは~♪

まだありますよ~♪ 日ノ出町のストリップ劇場。

けっこう有名な女優さんも出てます(って友達から聞きました (^ν^)

自分もまだ行ったことはありません。

図書館は便利に使ってます。夜遅くやってくれたり、駅に作ってくれると横浜市やるねなんてなるのに。。。

2018/03/14 (Wed) 20:42 | EDIT | REPLY |   

Add your comment