子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプ風にウルトラライトなコーヒーやラーツーを楽しみつつミラーレスカメラでパチリ♪して遊んだり、たまに筋トレして仕事に励んでみたりするブログ

広角レンズと星空撮影を勉強中!学ぶって楽しいかも

2018
06
皆さんお気に入りのテレビ番組ありますか

最近はめっきりテレビを見る機会が少なくなりましたが、『クレイジージャーニー』が大のお気に入りです。

まさに、クレイジーな旅人たちが、クレイジーな体験を披露する奇行紀行バラエティー番組です (☆∀☆)

その中で『優勝賞金22億円!ロマン溢れる「月面探査レース」とは?』を見て、宇宙に興味津々なブルーなんです \(^o^)/

その興味に合わせて、ぴったり訪れたスーパームーンがあり

自分でもびっくりするくらいの満月をパチリ♪

スーパームーン_3

思い起こすと、昨年末に箱根旅行では大失敗に終わった星空撮影のリベンジもあり

一気に星空撮影にはまっていくのでした ┗(^ω^ )┛ドンドッドドン


もちろん、カメラ初心者であり、形から入る身としては

まずは、勉強からっていうことで、図書館で本を借りてきました

( ゚∀゚).。oO 買わないところで、本気度が怪しい。。。

星空撮影・広角レンズ_1

中央の白い箱は超広角レンズSAMYANG 12mmF2ですが、まだまだお試し段階なので今回は飛ばしていきます。


月のかぐや

JAXA 宇宙航空研究開発機構 が2009年に発行した本です。

既に9年前という、かなり古い本ではありますが、月きっかけで宇宙に興味をいだいている身としては新鮮そのもの (☆∀☆)

写真が豊富なところがポイントです。

漫画『宇宙兄弟』は好きで読んでいたのですが、別世界の話みたいで楽しむだけでしたが、JAXAが身近に感じる本でした。

いつも見ている月は表側(そんことも知りませんでしたが)、表側とはまた違った一面を見せる裏側の月面。

月周回衛星「かぐや」が世界の度肝を抜く大研究をしていたことも初めて知りました。

まずは興味をいだいた月を詳しく知る本としては、打って付け


どんどん宇宙に引き込まれていきます (*^▽^*)ゞ


天体写真の教科書

じゃー、星空ってどうやって撮るの

ってことで、『天体写真の教科書』が読みたくなってきます。

浅く広くって感じかな。。。

もうちょっと、カメラに特化しているとピッタリだったんですが、とはいえ星空撮影の沼を見たような感じがします。

赤道儀とか天体望遠鏡とか。。。

( ゚∀゚).。oO やっぱり、どこにも沼があるね


星座の神話と伝説がわかる本

星空撮影するってことは

きっと山のほうへ旅行に行くわけで

星空ってことは一夜を超すわけで

横にはきっと気になる人がいるわけで

そんな時は、ちょっと語っちゃいたいじゃないですかー

いつもおちゃらけたブルーが、あの星とこの星が君の星座の獅子座で、実はさー・・・


星座とかにも興味が出てくるわけです

小学生時代の理科の授業を思い起すと、星座って苦手でした。

星を3つつなげて、牡牛座って無理すぎじゃねー ( ̄へ ̄|||) ウーム

牡牛座

蛇使い座って何だよー  ( ̄ェ ̄;)エートォ




いやいや、今見るとそんなことはない

ギリシャ神話とからませると、楽しいー


獅子座のブルーは、なるほどねーとなったり、蟹座とかって。。。なんて悲しいやつなんだってと思いますよ。

天空の世界は、武勇伝ばっかりではありません。やっぱりいつの時代も色恋物語は必須です。男女七人物語もびっくりなドロドロな世界だったり、ゼウスの頭から生まれるメーティスなんてつっこみどころ満載です。

そんな話があるなら興味も沸くのに、もうちょっと楽しく授業ってできないものなんですかね?


まーまー、年取って勉強すると意外と楽しかったりしますからね。

小学生時代にこの姿勢で勉学に励んでいたら。。。今とは違った道があったかもしれません。

ましてや、娘たちの教育方針も変わったことになっていたし、勉強に向かわせることもできたんでしょうね

( ゚∀゚).。oO ホント、後悔先に立たずです



情景写真術

一通り宇宙に目を向けましたが、星空撮影だけでレンズ沼にはまるわけではありません。

広角レンズは星空撮影だけでなく、日常のポタリングでも大活躍するだろうってことで踏み切っていますので、風景撮影についても勉強しておきましょう。

どちらかというと、こっちのほうが主流になることでしょう。

テクニックは、知っておいて損はないです。

自分というよりも、一般的に良い印象を受ける構成っていうのは知っていて損はありません。

( ゚∀゚).。oO 最近、インスタのいいね!がちょっと気になります

恐らく、単発だとなかなか勉強なんてしなかったと思いますが、この一連の中での活用方法なので、どんどん本が進みます。



いずれの本も、カラーで写真や絵が豊富で読みやすいっていうところがポイントです

ざーっと流し読みではありますが、一気に4冊制覇してしまいました。

後は実践あるのみではありますが、寒さに弱いブルー ( ̄ii ̄)ズルズル



続編に期待してくださーい




さてさて、どうなることやら。。。

それでは、このへんで

おしまい♪おしまい♪


 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[SAMYANG]12mm F2.0 NCS CS キヤノン M用 ブラック
価格:38520円(税込、送料無料) (2018/2/6時点)




Top > カメラ EOS M3レンズ・フィルター > 広角レンズと星空撮影を勉強中!学ぶって楽しいかも

関連記事

 広角レンズ 星空撮影 スーパームーン クレイジージャーニー 月のかぐや 天体写真の教科書 星座の神話と伝説がわかる本 情景写真術

0 Comments

Add your comment