締まりが良い自由雲台、コスパも良い中華製UTEBIT

久し振りに 浜ブラ してきました。

恒例の年末道路工事も始まっているようですね ( ̄へ ̄|||) ウーム

自転車はさらに走り難いったらありゃしないです。

( ゚∀゚).。oO こういう予算の使い方を改めない政治に喝を入れたい。。。

そんなことは置いておけないんですが、ここでは置いておいて。

前回の三脚のつづきです。


そもそも自由雲台って何だっ?てお話

そもそも自由雲台って何だ

雲台は、三脚とカメラをつなぐモノです。

もちろん、雲台なんてなしに三脚とカメラを直接固定することもできます。

でも、いつもいつも三脚が平坦な場所に置くこともできないですよねー

そのままの三脚の位置の成り行きでパチリすることもありですが、写真には構図っていうのがあります。

撮影者が考える、撮りたいものはコレで、この位置や向きに配置して、背景はこんな感じで撮りたいって、きっと意図するものがあって写真を撮る。何か心動いてパチリする分けですから、見る人に伝えたい何かがあるはずです

( ゚∀゚).。oO 何かエラそうに語っちゃってますが。。。

そこで、撮影者の意図を踏まえた構図を決めるために雲台が必要になってきます。

三脚ががっちりカメラを固定して、後は雲台で構図を決めるために位置を変えたい

そんな時の雲台です。

そして、簡単にその位置が決められるのが 自由雲台 ってことです

ミニ三脚MOMAN_17

丸いボール型になっているので、三次元的に位置が自由に決められます

ミニ三脚MOMAN_25

だから自由雲台


三脚と自由雲台のドッキング!

では、カメラを自由雲台にドッキングしてみましょう

三脚にはネジ(1/4インチネジ)

( ゚∀゚).。oO たった今、ネジにサイズがあるの知りました。。。危なかった

もちろん、カメラEOS M3にもネジ受け(メネジ)があるので、固定してみましょう

ミニ三脚MOMAN_21

あれー、回すのー?っていう状態です。

カメラを回してもよし、三脚も回してもよし

回り道をしての楽しみですから、クルクル回しちゃいましょう

( ゚∀゚).。oO 着物は回すのは好きだけど。。。あなたも好きねー

そんな回りくどいのはいやだって方は、こんなモノを選びましょうね。台座とネジが別々になったものです。

三脚もカメラも固定でネジを回せばOKです。

ミニ三脚MOMAN_37

楽しむまでの過程や情緒を楽しむ、昭和世代ですから、「アレ~」なんて楽しみながら準備をしたいみたいものです (^ν^)

こんな感じで取付でできます。

ミニ三脚MOMAN_22


自由にカメラを位置を決めちゃいましょう!

自由雲台ですから、自由にカメラ位置を決めちゃいましょう

カメラを縦にしちゃったり

ミニ三脚MOMAN_23

空を撮りたくなって、こんな上向きもOKです (v ̄ω ̄

ミニ三脚MOMAN_24

これは、キュッと締まりますねー

やっぱり締りが良いのが一番です 

( ゚∀゚).。oO キュキュッと締まるのがね!あれー何の話だっけ。。。

ミニ三脚MOMAN_26

右に飛び出ているつまみをゆるめて、キュッと締めれば

ガチッと固定されます (^ν^)

ミニ三脚MOMAN_27


でも。。。

この方向を下向き、上向きにする切欠きって、両方あればいいのに。右利きなので、この向きになります。

カメラを上向きにするには良いけど、下向きにするには左手で操作をしなければなりません (´・∀・`)アラマァ

ミニ三脚MOMAN_28


手振れなしにガッチリ固定!

80kgという剛脚なミニ三脚っていうのがあるのでしょうか、ビシッと位置がきまりますね。

ミニ三脚MOMAN_29

カメラ的には、三脚がベースとなるのどっしりした三脚だと安心ですよねー

三脚高さ11cm、自由雲台まで含めると16cm

ミニ三脚MOMAN_30

CANON EOS M3を取り付ければ、カメラセンター高さ19cmです。

ミニ三脚MOMAN_31


コスパの良い中華製は恐るべしです

まだまだ、ご紹介できるほど使い込んでいないのですが、初めての三脚+自由雲台を使う身としては十分な機能です。

今回の自由雲台は、1000円でお釣りが来ちゃうコストパフォーマンスですからね (☆∀☆)

いろいろな工夫があるんでしょうけど、精度だけなら機械加工品なので、設備投資をすれば、ある程度そこそこそのものができちゃいますからね。

今回は、たまたま当たりを引いたのかもしれませんが

品質管理ってどうなってるんでしょうかね興味深々です。

Maid inJapan も高品質を謳うばかりでは、将来性が心配です

商品コンセプト、品質が高いなんて当然で、やっぱりコストの競争力がないとね。。。

最高の技術があって最高の品質基準でモノづくりをしてるんだから高いのは当たり前ですが

それはいつかは(今の時代はすぐですけどね)追いつかれてしまいます。

愚直に作り続けるのもいいです。。。

とにかく、目まぐるしく変化する時代・世界ですから

日々進化

Maid in Japanを応援するブルーですが、やっぱりお安い中華製に流れちゃいますから、経営判断って難しですね。

( ゚∀゚).。oO えっと、何の話だったっけ?


今回は、中華製の三脚、自由雲台を手にしました。

お安くゲットできたし、予想通り(予想以上の)の使い方もできるし満足のいく買い物だったのですが

日本の製造業が心配となる出来事でした。


そういうことは、おかまいなく結局お安いモノに流れるブルーでした。

おしまい、おしまい


 




Top > カメラ EOS M3カメラグッズ > 締まりが良い自由雲台、コスパも良い中華製UTEBIT

関連記事
カメラ

0 Comments

Add your comment