子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

初めてのドロップハンドルは日東M186STI

2013
20
初めてのドロップハンドルは、日東M186STIとなりました。

ただし、ブラック・・・

▼Nitto M186STI
NITTO_M186STI.jpg

だいぶ予定と違ってきました。

ディズナのJ-FITと考えていましたが、
ふと寄った、サイクリーで日東のM186STIを発見。
お値段見ると、3000円ちょっと。
へこみがあるということで格安!
店員さんに聞いてみると、へこみはクランプのところ。
焼き入れしてもアルミならへこむでしょう。
(ドロップハンドルは初めてなので分かりません)
たしか、9000円近いドロップハンドル。

▼印刷がはげてる、クランプ部が若干へこんでる
NITTO_M186STI_2.jpg

予定通りの幅C-C380mm、ただし、ブラック。
シルバーだったら理想通り・・・
5分ほど迷い・・・
「合わないかもしれなし、中古の格安で十分。」と言い聞かせ
・・・買っちゃいました。

▼380の刻印
NITTO_M186STI_380mm.jpg

ドロップ122mm、リーチ80mm
思っていたより、かなり小さい。
ミニベロのMIGNONにはいい感じです。

▼ドロップ122mmってどこの寸法?
NITTO_M186STI_ドロップ

▼リーチは実測80mm
NITTO_M186STI_リーチ

STIの取付の印刷が分かり易い。
へこみにはまるんでしょうが、なぜ2ケ所?

▼へこみが2ケ所あります
NITTO_M186STI_3

ちぎれるんじゃないかってぐらい引っ張って、
ブラケットカバーの中のネジを見つけるのに苦労しました。
早速、105のST-5700取り付けてみました。
軽く握って、余裕で第一関節まで届きます。

▼取付向きが微妙に分からない・・・
NITTO_M186STI_4

ブラケットの根元はフラット。
手のひらがちょうど当たる。
ここが基本となるポジションですね。
いい感じです。

▼フラット部がなめらか~
NITTO_M186STI_3.jpg

早く、換装したいところですが、ステムがまだありません。
M186STIはセンター径がφ26なので、ステムは必然と決まります。
色はブラックかシルバーか迷いますが、中古で捜索します。

*** 関連ブログ **********
  380mmのコンパクトなドロップハンドル比較
  SHIMANO 105 5700シリーズようやく購入!!
  ミニベロMIGNONにあうステムは?
  NITTO UI-85EX ステム購入
  初めてのバーテープはKABUTOのBT-01コルクタイプで決まり




関連記事

 日東 NITTO M186STI ドロップハンドル ST-5700

0 Comments

Add your comment