子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

リストバンド型心拍計mio SLICEで健康を見える化しちゃおうー

2017
21
最近、ウオッシュレットの強さが弱じゃないとダメなブルーです。

体の粘膜系が弱くなっている→内臓異常→不健康って図式です。

このままじゃまずいな ΣΣ(゚д゚lll) ガガーン!!

やっぱり、健康が一番大切

ずーーーーーっと気になっていたモノを導入しました。



リストバンド型心拍計!


リストバンド型の心拍計でーす

それは




mio SLICE(ミオ スライス)

mio_SLICE_心拍計_2

上の写真は、時計表示でーす。
( ゚∀゚).。oOリストバンド型で時計って当たり前でしょ

そう、時間もわかっちゃう

スマホによる腕時計離れと言われていますが、自分もいつしか腕時計をしなくなりました。

時間を調べるのはスマホになっちゃってます。

久々の腕時計の感覚。

三軸加速度センサーが内蔵されているので、腕を上げると

時間が表示されます

何か楽しくて、ついつい時間を見ちゃいます。。。(☆∀☆)


操作は、このボタン一つで行います。

mio_SLICE_心拍計_3

ボタンを押すごとに
 時計
 1週間の活動量
 本日の活動量
 現在の心拍数
 本日の歩数
 本日の消費カロリー量
 本日の歩数距離
 (時計に戻る)

いろんな記録、状確認、設定は、スマホが必須の心拍計となっています。

うん、割り切りですな ( ̄ii ̄)ズルズル


心拍センサーは、LED光学式。今風です

フィリップス研究所と共同開発だそうです。

これは、今までのmioの心拍計で継続です。

mio_SLICE_心拍計_4

mio製品は、mio VELO、mio ALFA、mio FUSE、そして2106年12月発売の最新モデルのmio SLICE

先人の評判を見ても、この心拍センサーはなかなか評判が良いようですね。

乳バンドと呼ばれる心拍計とほぼ一致している精度がでているようです。

リストバンド型となると

心臓が動く ⇒ 血管に血が流れる ⇒ 腕の血管に動いた血が流れる

微妙な時間差があったり、センサーの反応時間だったりで時間差がある、センサーの反応がなく小さ目に測定したりすることがあるようですが、乳バンドと比較しても時間のずれは最少で、ほぼ心拍も同じようです。さすがフィリップス研究所ですね。

そんな素性の良い心拍計のmio製品は気になっていたんです。

発売間近でレビュー記事も少ない段階でしたが、即買いしてしまった理由が

このスッキリ感

mio_SLICE_心拍計_7

薄型とはおせじにも言えないですが、リストバンド型心拍計としてはかなり薄型です。

mio製品の中では、かなりの進歩です

これなら、自転車のポタリングにも、そしてお仕事で使っていても違和感はないかな。

mio_SLICE_心拍計_8

付け方は、凸部を穴にはめるだけ。

mio_SLICE_心拍計_6

mio_SLICE_心拍計_9

細腕なので、Sサイズでも十分です。

ちなみに手首周りは16cmです。

mio_SLICE_心拍計_10

常に付けて心拍計を測定するので、もちろん防水です。

お風呂でもジャバジャバしちゃってまーす

mio_SLICE_心拍計_15


唯一の付属品、充電ケーブル!


充電ケーブルは、専用ケーブルとなります。

mio_SLICE_心拍計_11

USB端子。

パソコンで使えます。iphon、HAUWEIなどなど、手持ちの充電プラグ全てに使えています。

mio_SLICE_心拍計_12

mio SLICE側は専用コネクタ。

mio_SLICE_心拍計_13

防水なのでしかたがないかな。

最近は、micro USBコネクタでも防水ですけどね。

この充電ケーブルに汎用品が使えると、アドバンテージになるんですけどねー

マグネットで気持ちいほどパチッと固定されますので、よしとしましょう。

mio_SLICE_心拍計_14

だいたい2時間で充電完了です。

mio SLICEで何が見える化するの?


mio SLICE 単体では、先ほど表示されるものをご紹介しましたが、他は全てスマホのアプリ mio PAI 2 で確認することができます。
( ゚∀゚).。oO スマホがないと何もできないとも言う

こちらは、アプリmio PAI 2の画面キャプチャーです。

109。。。現在の心拍計(かなりドキドキしてます)
25%。。。mio SLICEの充電量

下の大きな六角形の156。。。1週間の活動量
( ゚∀゚).。oO PAIという活動量の単位を使っています

mio PAI 2_1

なんか文字の下が切れちゃってますけど。。。作りこみアマーイ

で、PAI(パイ)=Personal Activity Intelligenceとは何だとなりますが、PAIは、パーソナル(個人の)、アクティビティ(活動を)、インテリジェンス(知能・科学で作り出す)の略称。

ノルウェー科学技術大学で27年間、6万人を対象に行われたHUNT研究から、”どうすれば長く健康な日々を過ごすことが出来るか?”という観点から誕生したようです。

何となく分かったような、???のような。

要するに、mio SLICEで採用している、活動量の単位となります。

よく1日1万歩で健康にって言われますが、体重100kgの人と60kgって。。。

元気バリバリに歩くる20代とゆっくり歩く80代って。。。

同じ1万歩でも内容が違うよねとなりますが、それがこのPAIで解決されるようです。

27年間、6万人を対象に分析された、年齢、身長、体重、性別、心拍、スピードなどなどを駆使してはじきだれるのがPAI。

1週間で100PAIで。。。

『より長く健康な生活を送るために必要な活動量』

やっぱり、分からないや― ( ̄へ ̄|||) ウーム


でも、心拍計を計っても、だから何っていうブルーには、超分かりやすーい (v ̄ω ̄

とにかく100PAI目指そう \(^o^)/

このPAIは、もうちょっと使ったらご紹介しますね。

こちらが、本日のポタリングの心拍記録とその獲得したPAIです。

本日、75PAI

1 週間で156PAI、100PAI達成

mio PAI 2_2

平日は、1PAIとか2PAIです。。。

単に仕事をしているだけでは、活動していないってことみたいですね。

ポタリング中の心拍状況。

最大心拍が、180のようです。。。

mio PAI 2_3

だから何?ってなりますよねー

だからPAI

トレーニングとか、強度UPなんて目標がないブルーには、mio SLICE いいかも (☆∀☆)

睡眠サイクルも測定するライフトラッキングデバイスとしても使えるので、毎日、24時間、健康状態を見える化できちゃいます

mio PAI 2_4

その他、スマホ通知(SMS、電話、LINE)をバイブレーションで知らせてくれます。

Bluetooth SMAR(4.0)とANT+通信に対応しているので、GARMINなどのサイコンとも連携できるようです。

互換機種があるので、気を付けてくださいね。ブルーは。。。。・゚(゜´Д`゜)゚・。


とにかく、初めて自分の心拍計が分かったことで、何か楽しい毎日でーす


だいぶ長くなったので、実践編はまた次回に

それではお楽しみに







にほんブログ村ランキングに参加中!
これで走りのモチベーションが上がったね!ガンガン走れよ!の応援とランキング応援ポチっとお願いします(。v_v。)ペコ

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

Topアクセサリーサイクルコンピューター>リストバンド型心拍計mio SLICEで健康を見える化しちゃおうー

関連記事

 mio SLICE リストバンド型 心拍計 健康見える化 PAI サイコン

0 Comments

Add your comment