子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

EASTON・EC70カーボンフラットバーをカットしました!

2016
07
節分を過ぎたら、大分暖かくなってきましたね。
でも、あともう少ししないと冬眠はあけません。。。

春の訪れがくるまでは、準備期間です。
ようやく、あのEC70カーボンハンドルバーを
カットしました~

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_0

本日は割と簡単にカットしたお話を
長々と書いてみました。
お付き合いください。

EASTON・EC70カーボンフラットバー身体測定


まずは、現状把握から始まります。

現行は、KINETIXのアルミバーです。
ついこないだ、600mm→540mmにカットしました。
重量は175g

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_2

EASTON・EC70のカーボンバーは、126g
さすが軽いですね~
公称580mmとなっています。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_3

フラットバーと言っていただけに
ベンド角がけっこう違います。
3cmぐらいハンドルが遠くなりそうです。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_1

公称580mmでしたが・・・なんと585mm
前任者が5mmカットしようとした跡なんかもありました。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_4

センターがどこかが難しいところですが、
印刷のEASTONの真ん中、SとTの間をセンターとします。

正面から見て、左手は290mm

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_5

右手は295mm
やっぱり右手が5mm長いようですね
端からカットしていたらズレていたところです。
危ない危ない。。。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_6

これで、右端は25mm、左端は20mmカットに決定。

カーボンハンドルカット開始


左右のカット寸法が決まりましたので
作業をすすめます。

カット位置が分かるように
マスキングテープを巻きます。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_7

右側は25mmです。
ステンレスノギスで25mmの位置に目印を付けます。
写真では見えにくいですが、傷がちょっと付いています。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_8

左側は20mmです。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_9

そして、パイプカッターを使用して
パイプ一周グルット目印を付けます。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_10

写真のフラットバーの向きがあっちこっちいっていますが。。。
グルッと一周きれいにマーキングできました。
これがないと、真っ直ぐ、パイプに直角にカットできません。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_11

これでカットしてもよさそうですが。。。
パイプカッターの役目はこれで終わりです。

ここから場所を移してカットにすすみます。

ベランダでテーブルにガッチリ固定をして
金ノコでカットします。
↑これも昔買った100均品

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_12

マーキングに合わせてカットします。
カーボンは固いと先人の知恵から学んでいましたが
金属に比べれば、たいした硬さではありません。
力は必要ありません。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_13

とにかく、マーキングに合わせてカットに集中します。
ゴリゴリすること、5分弱。

パッカ~ン

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_14

青いのは、金ノコの表面がすれて付いたものです。
金やすりできれいに仕上げれが完成

あららカーボンの巣すきまがありますね~
こんな端部にあると、強度が心配ですが。。。
エンドバーは使わないので大丈夫でしょう。

ちなみに、強度は厚さの二乗に比例するので
巣のありなしで、ものすごい差があります。
一番薄い部分の強度がこの端部の強度になるのでご注意ください。
例)厚み3×3 : 厚み1×1 ⇒ 強度は9倍違います

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_15

最終チェックもおこたりなく


カット後の寸法を見ておきましょう。

540mm
想定通りの寸法で~す。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_16

最初の想定センターも、270mmです。
ピッタリセンターも出ました~

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_17

『繊維がバサバサ』なんて記事もあったのですが、
プラスチックをカットしたようなきれいな断面です。
↑本当にカーボンか心配になりますが

先人の知恵にのっとり
断面の処理をしておきます。

もちろん、100円ショップで買ってきた
瞬間接着剤
液体タイプの使い切りタイプです。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_23

これまた予想に反して、
染み込む雰囲気はなく。。。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_24

一周表面を塗ってきました。
本当に染み込むものなのか
本当にカーボン
↑かなり心配。。。
これがEASTONのCNTなんでしょう。。。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_25

1gの使い切りタイプですが、
0.1gぐらいしか使いませんでした。

DAHON・Red号に換装!


いろいろと調べたことと違う結果にとまどいつつ
・カーボン繊維がささぐれる ⇒ きれいな断面
・固い素材でノコの歯がボロボロ ⇒ 金ノコの歯はきれいなまま
・接着剤が染み込む ⇒ 表面をコーティングするだけな感じ

カット後の重量測定をして、
DAHON Mu EX・Red号に換装していきます

カット後は、119g
現行175gですから、56gの軽量化です。
今回4000円ぐらいだったので、
コストパフォーマンスはGoodですね~
やっぱり中古で十分

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_18

DAHONの独特なステムに取付

DAHONのステムは10kgf.cmなんて書いてありますが、
そんな強いはずがありません。
いろいろ調べても、締付トルクが分からん。。。
EASTONはこのカーボンハンドルにはEASTONのカーボンステムを
推奨しています(当然です)
カーボンステムは5Nmとなってるので

トルクレンチは5Nm(自己責任)で使います。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_28


▼逆光だった。。。
EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_19

せっかくのイーストンロゴにかぶっちゃった~
もう10mmずれていれば、ぴったりだったのに。。。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_20

こっちもかぶっちゃってます。。。
そうそう、うまくはいきません。。。

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_21

このままでいいんじゃないのかっこよさ

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_26

いろいろ取り付いていますが。。。
これで完成

EASTO・EC90カーボンフラットバーカット_27

いろいろ問題も見つかってはいますが。。。

つづいて、フロント周りの整理も行っていますので
お楽しみに~♪


▼とは言っても、本音は新品です


関連記事

  EASTON EC70 フラットバー カーボン ハンドル カット 瞬間接着剤 パイプカッター マスキングテープ

0 Comments

Add your comment