子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

チェーンチェッカーでチェーンの伸びを測定してみる

2015
05
DAHON・Mu EX・Red号は、当然ながら中古です。
5年前のモデルですが、どれぐらい走ったのかは分かりません。

タイヤなんかは、減りを見れば、
まだまだ使えるとか分かるんですけど。
チェーンやワイヤーは、見た目では分かりません。

ってことで、まずはチェーンをチェックすべく
チェーンチェッカーを準備しました~\(^o^)/

使うのは、PWTのチェーンチェッカーで~す
6~11速用です。

PWTチェーンチェッカー_1

MIGNONは10速なのですが、
DURAの11速チェーンを使用しています。
DAHONは10速チェーンなので、
10と11速対応が欲しかったんです。

明確に仕様(6~11速用)をうたっているのがPWTだけ。
もちろんお値段もかなりお安いんです。
↑ここが一番の肝ですね~

▼なんかサタンが持ってるやりみたい・・・
PWTチェーンチェッカー_2

先端の爪部分に、".75"と"1.0"の刻印。
チェーンの伸び 0.75% と 1% が測定できます。
0.75%伸びると、もうそろそろ交換だよ~
1%伸びると、交換しないとやべ~ぞ~
っていう感じみたいです。

PWTチェーンチェッカー_3

これでチェックすれば、一目瞭然

実は、チェーンの伸びってプレート1枚1枚が
塑性変形して、本当に伸び~ると思ってました ((^┰^))ゞ テヘヘ

違うんですね~

プレートを固定しているピンがすり減って細くなって
結果が伸びるっていうこと。
チェーンを清掃した時の鉄粉は、
すり減ったピンってことみたい。

しかも、ピンも丸く細くなるんではなく、
D型になるようです。
伸びたチェーンは、ギアから外れやすくなり
ギアの刃の摩耗を促進しちゃうそうです。

これは、早くチェックしないと

チェックは簡単
チェーンチェッカーをチェーンにあてがうだけ

まずは、DAHON・Red号。
SRAMの10Sチェーンです。(たぶん)

ドキドキしながらチェック。
まずは、0.75でチェック。

PWTチェーンチェッカー_4

念のため、何か所かチェックしましたが、
チェーンと隙間があるので
まだまだ使えるレベルのようです。\(^o^)/

PWTチェーンチェッカー_5

いちお1.0も・・・
0.75に比べると隙間が大きいですね~
ってことは、かなり交換時期に近いのかも・・・

PWTチェーンチェッカー_6

そして、MIGNONもチェックしてみよう
交換してから使用期間は10ケ月です。

二股の爪を引っ掛けて

PWTチェーンチェッカー_7

パタンと倒せば、測定完了

PWTチェーンチェッカー_8

こちらも問題ないレベル。\(^o^)/
まだまだ、走り込みが足りないようですね~

とりあえず、チェーンは問題なし

サイコンなんかで、走行距離が分かったり
チェーンの伸びを感じる感性があれば不要ですが、
チャリ素人には、チェーンチェッカーは必須です

必要のないチェーン交換もしなくなって、お得です
お手元において損はないですね



関連記事

 チェーンチェッカー チェーンの伸びを測定 PWT 11速対応

2 Comments

kona  

コンニチハ、ブルーさん

今回も大変参考になりました。
特にココのところ

『プレートを固定しているピンがすり減って細くなって
結果が伸びるっていうこと。
チェーンを清掃した時の鉄粉は、
すり減ったピンってことみたい。』

ワタシも今までズ~~~~~~~とプレートが伸びるのだと思っていました。
勉強になります。目から目ヤニじゃなく、ウロコが落ちる感じです。

2015/11/08 (Sun) 13:12 | EDIT | REPLY |   

ブルー  

Re: タイトルなし

kona さん、こんばんは~♪

「チェーンが伸びる」って言われると、伸びることを想像しちゃいますよね~
割とメカニカルなことには詳しいと思っていたのですが、チェーンの伸びのメカニズムを知ってびっくりでした。

これからもチョイネタがあれば、挟んでいきますので、お楽しみに!(゚∇^d)(そうそうないですけど・・・)

2015/11/08 (Sun) 22:37 | EDIT | REPLY |   

Add your comment