子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

ペットボトルは、ボトルケージにはまるのか?

2015
06
本日は、DAHONを離れてくだらない実験レポートです。

最後に、なんだそりゃになりますがお付き合いください。

家族サービスという過酷?なお付き合いがありますが
サクッとポタリング(こっそりポタリングとも言う)
って時には、何も持たずに走りにでかけちゃいます。
↑ボトルぐらい持てよ~

DAHON・Mu EXカスタム_4

ここ最近、晴れチャリのDAHON・Mu EX・Red号で
出動するので、どうしても喉の渇きが半端ないんです。

当然ですが、ペットボトルは、
ボトルケージにはスカスカではまりません。

コンビニで休憩を入れても、
全部を飲まないと走ることができません。

走っている時が一番喉が渇くのに
炭酸なんて買った日には、お腹がタポタポで
逆に気持ち悪くなることがあります。
↑でも、炭酸が飲みたくなるんですよね~

そこで、いつもの悪い癖であるその場の思い付きが・・・
↑いやいや、ひらめきと言っておきましょう
ペットボトルをカバーに入れたらいい感じじゃない
しかも、保温されれば、
冷たいものは冷たく、温かいものは温かく
こりゃ一石二鳥
俺って天才なんて意気揚々♪と向かうのは
おかかえショップの100均へ 

ペットボトルの保温カバーを買いました

横浜ポタリング201510_2

内側はアルミで保温としてはごくごく普通

横浜ポタリング201510_3

ペットボトル(500ml)にかぶせると
ダブダブでけっこう余裕のある作りです。
でも、このダブダブ加減がいい感じがする~

横浜ポタリング201510_4

ボトルケージにはめてみると・・・

やっぱりスカスカでした。

横浜ポタリング201510_5

でも、あきらめません。
このミノウラのボトルケージは、針金形状なので
多少なら変形も可能です。
グイグイとつぶしてみると
まー、なんとなくはまった感じにはなりました。

走っていてもずれることなく
なんとか、使えました

結論としては・・・

ミノウラのボトルケージAB-100-4.5はフレキシブルでGood
ペットボトルのキャップがめんどくさい
このカバーを持って出かけるなら、ちゃんとボトルを持っていこう

さわやかな秋空の下、俺・・・何やってんだろう・・・
なさけなくもあり、そんな実験君がいとおしくもあり・・・

そりゃ~そうだ
が最終結論です。
↑読者をうらぎることなく、なんだこりゃでした

おあとがよろしいようで・・・
チャンチャン ♪

▼ケージをスライドしてペットボトルも使える!こんな便利な「モジュラー ケージ II」があるんですね・・・


▼なんだかなんだで万能ボトルケージ


関連記事

 ボトルケージ ペットボトルカバー 100均 ミノウラ AB-100-4.5

0 Comments

Add your comment