子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

SPDペダルPD-A600グリスアップ・分解編

2015
25
夏のポタリング仕様でフラットペダルに換装しましたが、
ゆっくりポタリングこそSPDということで、
SPDペダルに戻します。
↑楽に走るのがモットーです

装着時にひっくりかえっていることがたまにあるので、
ついでに、PD-A600をグリスアップしておきます。

約6ケ月使用しています。
期間じゃなくて、距離なんでしょうが・・・(*^▽^*)ゞ
サイコンをうまく活用していないので、距離は??
まー、1000~1500kmってところでしょう。

写真多めの大作となりましたので、
まずは分解編です。

組立も含めて準備した工具などなど。

PD-A600グリスアップ_1

右上から
・パーツクリーナー
・チェーンオイル
・茶こし(スチールボール洗浄用)
・丸いトレイ(スチールボール取り分け用)
・綿棒
・キッチンペーパー
・トレイ
・レンチ 17mm
・レンチ 10mm
・レンチ 7mm
・ピンセット
・アーレンキー
・グリス

では始めま~す。
まずは、ペダルとシャフトを固定している六角ナットを外して、
シャフトの中身を見てみましょう。

PD-A600グリスアップ_2-1

17mmのレンチで緩めていきます。
3周緩めたぐらいで、グッと固くなりますが、
ガンガン緩めていきましょう。
どっちに回すか忘れました・・・ ( ̄ω ̄;)エートォ
それほど固いところではないので大丈夫でしょう。

PD-A600グリスアップ_2-2

シャフトが抜けました~
グリスがベトベトに塗ってあります。
グリスが固い、不足しているということはないようです。

PD-A600グリスアップ_3

グリスは拭き取りながら、
分解していくと手が汚れず作業もスムーズです。
今回は、手がギトギトになりカメラが・・・ ( ̄ェ ̄;)
ひどいことになりました。

PD-A600グリスアップ_4

グリスを拭き取った状態です。
シャフトの先端はダブルナットで固定されています。
まずは、先端の小さいナットを緩めていきます。

PD-A600グリスアップ_5

10mmのレンチで、大きいナットを固定しながら
7mmのレンチでナットを緩めていきます。
7mmのナットは緩み止め(青い部分)が塗布されてます。

PD-A600グリスアップ_6

続いて10mmのナットを緩めていきます。
シャフトを固定するため、
反対側にアーレンキーを挿して行います。

PD-A600グリスアップ_7

10mmのナットが外れました。
スチールボールが現れました~

PD-A600グリスアップ_8

10mmのナットは、
段付の玉押し用ナットです。

PD-A600グリスアップ_8-2

片側12個、両側あるので全部で24個です。
グリスは、グレー色です。
イエローグリーンのプレミアムグリスに比べて柔らかめです。
使う場所によって、グリスも使い分けた方がいいのかな?
グリスはこれしかもっていないので、いいかっ~
↑適当星人がちょいちょいあらわれます

PD-A600グリスアップ_8_1

筒を外すと、
反対側のスチールボールが見えてきます。
グリスはきちんと残っています。

PD-A600グリスアップ_9

最初に緩めた六角ナット付きの筒を外します。
中から、黒いパッキンが出てきました。
これは、水などの侵入を防ぐもののようです。

PD-A600グリスアップ_10

キッチンペーパーでグリスを拭き取り。
パーツクリーナーできれいにしたところです。

ところが・・・シャフトに傷が・・・ Σ(。・д・ノ;)ノ━ッ!!
ちょうどスチールボールのところのようです。
大丈夫???
どうしようもできません、見なかったことにしましょう。

PD-A600グリスアップ_11

スチールボールは茶こしに入れて、
パーツクリーナーをぶっかけます。

分解組立は、あった場所に戻すのが普通なんでしょうが、
面倒なので24個一緒にしちゃいました。

PD-A600グリスアップ_12

スチールボールが吹き飛ばないようにするため
ふた付き茶こしを使いましたが、
なくてもいいかも。

PD-A600グリスアップ_13

スチールボールもキッチンペーパーで
フキフキ。
こちらは、傷もなさそうです。
↑小さくて見えません。雰囲気OK

PD-A600グリスアップ_14

ピカピカになったPD-A600のパーツたち。
スチールボールは12個ずつに分けておきました。

ピカピカになると、終わった~感でいっぱいです。
これからが大変なんですけどね~

PD-A600グリスアップ_16

組立、玉押し調整編は次回のお楽しみ


▼今回分解したのはこちら、このカラーがしびれる~


関連記事

 SPDペダル PD-A600 グリスアップ 分解

0 Comments

Add your comment