子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

ブルーテック20インチホイールのインプレッション

2015
18
お待たせしました~
↑誰が舞って待っているんでしょう?

ブルーテック(BLUE TEC)
20インチホイールのインプレッションです
昨年のクリスマスに買ってから、およそ6ケ月。
冬場はあまりでしたが、1000km以上は走ったでしょうー。

ブルーテック_BLUE TEC_20インチホイール_1

まずは、ブルーテックの20インチホイールのおさらい。

<フロント>
・ハブ:NOVATEC ALLOY 20H シールドベアリング
・スポーク:14G ステンレス エアロプロファイルタイプ
・ラジアル組
・692g

ブルーテック_BLUE TEC_20インチホイール_4

<リア>
・ハブ:NOVATEC ALLOY 20H シールドベアリング
・スポーク:14G ステンレス エアロプロファイルタイプ
・2本づつクロスする、2本組
・854g

ブルーテック_BLUE TEC_20インチホイール_6

MIGNONのホイールAREXRIM・BA22との比較となります。

まずは、気持ちセミディープリム×エアロスポークで
スピードは増しました。
剛性もUPしているようで、グイグイ加速します。
何ていうのは、プラシーボだと思いますが・・・
巡行速度は、30km/hにわずかに届かない
もどかしさがありましたが、31~32km/hぐらいに
スピードは上がっています。

ブルーテック_BLUE TEC_20インチホイール_7

これは、走る体力がついたのか、
はたまたSPDに慣れてきたのがあるかもしれません。

気持ち的に30km/h越えるのは気持ちいーです。

これは、形状による恩恵が多少なりともあるはずです。
AREXRIM・BA22の場合、室内でホイールを回すと、
微妙ですが風がおきて、部屋のほこりが風で動きます。
エアロスポークは、
切り裂くように空気を切りながら回転するので、
周辺への風(乱気流?)がほとんどないです。
抵抗も少なくなっているんじゃないのかなー

ブルーテック_BLUE TEC_20インチホイール_5

ただし、横風の影響を受ける時が増えました。
リム高さ5mm程度の差ですが、
冬場の北風では、ハットすることがよくありました。
街中を走っていて、小道を横切るとき
横風にあおられて、ふらつくこともしばしばです。

重量の差は、24g軽量化され、
ホイールの軽量化は、5倍にも10倍にも差がでるようで
登りが楽々・・・

なんてことはありません。
全く変化は感じません。

全体的に、走りへの影響は正直ほとんどないです。

購入時の、ホイール単体の回転時間を計りましたが、
こなれてきたのか、気持ち長くなりました。

フロントホイール
1分30秒が、2分20秒ぐらいにUP
↑BA22は、5分越えてますけどね・・・

ブルーテック_BLUE TEC_20インチホイール_3

惰性で坂を下っている時、
前を走るロードバイクに置いて行かれることもないので
気にすることはありません。
ロードバイクより、自重が重いミニベロなので
逆に有利になるはずかもしれませんけど。

とはいえ、そろそろ、
ハブの中を開けてみてもいいかもしれません。
次回のネタにとっておきましょう。

横振れ、縦振れもいまのところ出ていません。
ブレーキシューとこすれることもなく
均等になっています。
通常がよく分かりませんが、ちゃんとしてます。

もちろん、ブレーキの効きも変化なし。
特段よくなったこともありませんが、悪くもないです。

普通に走れて、止まって、欠点はありません。
2万もしないホイールです。
このお値段ですから、過度な期待は禁物です。

20H、セミディープ、ブラックなどなど
見た目が気に入ればお勧めします
↑見た目が走りそう!で買っちゃいました

ブルーテック_BLUE TEC_20インチホイール_2

結局、何だよー
なんですが、違いの判らない男なので
ご了承ください。

パーツが2セットあれば、
同じ道を載せ替えて走ると
よく分かるんだけどな・・・

機会があれば、次回につづく。


関連記事

 ブルーテック BLUE TEC 20インチホイール 完組 ミニベロ 451 インプレッション

0 Comments

Add your comment