子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

TacxのTAOボトルケージが超絶かっこいいー!!

2015
30
久々に、チャリグッズ購入です

TacxのTAOアルミ、
ボトルケージを買っちゃいましたー
↑ケージです。ゲージ、ゲーシではありません

もう、デザインに一目ぼれしました。

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_1

この無駄のないデザイン。
シルバーとブラックの配色、配分絶妙です。

ではでは、裏側も見てみましょう。
シルバー部分はアルミ(ヘアライン付)です。
シルバーの色は塗装しています。

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_2

黒い部分は、ゴムとプラスチックです。
ボトル差込口はゴム
フレームに取付る台座とボトル底面を支える部分は
プラスチック。
3つの素材をうまく使い分けていますね~

なかなかしっかりした作りです。
ちょっと力を加えても変形しないガッチリ強度。
丸く筒状になった珍しい形をしています。

ボトルをはめてみると・・・
あれ~意外とスルスル。
抜き差ししやすいという評判はこのことか~
でもこれ、振動で落ちそう・・・
でも、逆さにしても、ずれることはありません。
↑ちょっと不安です

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_3

現在は、MINOURAのボトルケージです。
手でグッと曲げると、ガッチリ固定したり、
ゆるめたり、臨機応変に変えられる
便利ボトルケージです。

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_4

どんな振動でも微動だにしない
ガッチリ固定状態です。

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_5

クロモリのホリゾンフレームには、
これでしょって選びましたが、
そろそろ、次のステージへとすすみました
↑次のステージって?ようするに、あきたってことです

ところが、早速やっちまったー
ネジがはまらない・・・

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_6

ネジ頭が凹部にはまる形ですが、
ネジ頭がでかい・・・
今回は、中古で手配したのでネジは付属されません。

部屋中をちらかしまくって探して、はまるネジを見つけました。
でも、プラスネジなんですよね~
ドライバーも携帯しないといけないかな?

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_7

フレームに取り付けないと何も始まらないので
先行き、不安なことがありますが、取付けてみました。

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_12

いい感じです

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_10

ところが、ところが、続いて問題が
なんと、シートチューブ側は取付位置が上過ぎて、
ボトルがはめられません。

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_8

もう一つの背の低いボトルでもだめだー
Oh my GOD~~~
なんとなく、想像はしていたのですが・・・

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_9

まー、やっぱりね~って感じです。
これはどうしようもありませんね~

ここは、ツールボトル(ショート)専用にしましょう。
はい、切替を素早くしないと、
立ち直れない・・・

実は
今回2個セットで購入
やっぱり、この夏は2ボトル体制で、
200kmチャレンジなんて考えていたのですが、
甘かった~
やっぱり、フレームが小さいミニベロなんだね~

気になっったので、
ダウンチューブ側のボトル抜き差し確認。
はい、OKでした~。

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_11

やっぱりな感じでしたが、
このデザインはテンション上がります
ゆるゆるで振動で落ちそうでも、
2ボトルできなくても、
いいんです
↑川平 慈英(かびら じえい)でお願いします!

105はシルバーなので、下側シルバー
上側ブラックでBest Much

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_14

酔っぱらって帰宅しましたが、
酔いが覚めました。

Tacx_TAOアルミ_ボトルケージ_13

新MIGNONを見ながら、もう一杯
↑かたづけてからにして~なんて声が・・・

▼ブラックもありま~す


関連記事

 Tacx TAOアルミ ボトルケージ

0 Comments

Add your comment