子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

『偽りのサイクル』今さらですが衝撃

2015
03
『偽りのサイクル』読みました

もちろん、報道なので知っていますが、
この事実は知りたくない作用があったかもしれません、
でも、ツールドフランス大好き人間としては、さけては通れない道。
ようやく読んでみました。

偽りのサイクル_1

今さらですが、衝撃です。
ちなみに私は、ランスアームストロング大好き人間。
ず~と、自分にとってはヒーローです。

だって、実際に自転車で走れば分かりますが、
3週間で3000km以上を自転車で走る
↑100kmでヘロヘロなんです
世界一過酷なレースのツールドフランス7連覇
↑記録じゃないんです 記憶です!

もちろん、LIVE STRONGの黄色のリストバンドも
当時、袋買いしました。
しかも、大と小の両方を。

LIVE STRONG_リストバンド_1_20150502

作者のジュリエット・マカーは、反ランスです。
ということで、当然うがった視線で、
読み始めから、フーンなんて読んでいました。

500頁を超える超大作。
時系列に書かれているのですが、
登場人物が多くて、エートこれ誰だっけ?
なんて、読み返しながらで、疲れました。
が、けっこう夢中で読んでしまいました。

偽りのサイクル_2

一部会話なんかは、脚色もあるとは思いますが、
きっと・・・ほぼ事実なんでしょう。

ドーピングまみれの自転車業界
自転車業界での王者としての絶対権力
↑傍若無人のわがまま人間ていうのは知っていましたが
金まみれのランス
↑ちょっと言い過ぎ
告白するまでの回りの取り巻き達
などなど、驚きを越えてショッキングでした。

ドーピングはいけないこと!ですが・・・
なぜ?悪いんでしょう。
ルールで決まっているから、
副作用として生命の危険があるから、
公平でなくなるから
いろいろと理由があるようです。

公平ってなんだろう?
バーベル持って筋肉をつける、
何時間も走りこんでフォームを作る
戦略を練ったり、知識を増やす
っていうのは、努力して作り上げるからいいの?
薬で体を作るっては努力してないから?

適正量なら治療になることもあるんでしょうが、
ドーピングにひっかかる薬は誰が作ってるの?
そこから絶たないとダメなんじゃない?

何か胸につかえるものがある感じです。

一点おもしろかったのが、
処方された錠剤を調べておおもうけしようとした選手がいて
分析結果はただの砂糖だったっていうところがあるのですが、
やっぱりプラシーボってあるんですね~

ツールドフランス7連覇という記録からは抹消されましたが、
↑いきなりそんなこと言われてもね~
不正があったとしても、事実だし・・・

その後もあまり変わってない気もするし・・・

読み終えても、
深~く記憶には刻まれています。
まだまだ、自分のヒーローです

LIVE STRONG_リストバンド_2_20150502


▼なに~この値段


関連記事

 偽りのサイクル ランスアームストロング LIVE STRONG リストバンド ドーピング

2 Comments

にゃんこ先生  

こんにちはー

自分もこれとシークレットレースは買いましたよ~
結構衝撃的な内容ですよね、考えさせられます(._.)

2015/05/03 (Sun) 18:04 | EDIT | REPLY |   

ブルー  

Re: タイトルなし

にゃんこ先生 さん、こんばんは♪

ドキドキしながら読んでました。親ランスの私としては、反ハミルトンなんですが、ここまできたら、シークレットレースも読まないといけないですね~ (๑•﹏•)

2015/05/03 (Sun) 21:23 | EDIT | REPLY |   

Add your comment