子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

『ロードバイクの科学』で勉強中!!

2015
11
ひとまずポジション出しもできたし、
走りにと思っていたのですが、

ローディーにはおなじみの
そうだったのか!明確にして実用!
ロードバイクの科学

で、さらに勉強中です!!

ロードバイクの科学_1

ロードバイクに関する、ふとした疑問を
工学的に計算や、実測データを基に裏付けをしながら
解説するという、読み応えのある本です。

2008年発行ですが、
古さは感じられない本です。

私も、筆者の藤井徳明さんと同じように
工学部出身のエンジニア。
電機メーカーの元エンジニアなので、
↑いちおメカ屋
レベルが違いますけど・・・

機械工学

仕事ではなく、趣味の範囲で
よく、ここまでやるな~というのところがすごい!

やっぱり、極める人って、すごいですね~

正直言うと、なるほどね~というところもあるし、
計算式、言葉も、そういえばあったね~ぐらいなので
よく分からない??というところもあります。

自転車好きだけど、物理はちょっと・・・という人
にはどうかな~というところも、しばしば。

でも、切り口がすごいですね~
他にはない自転車本です。
きっと、仕事も好きなんだろうな~

でも・・・
著者の藤井徳明さん
出版のスキージャーナルさん
すみません。

図書館で借りました。

ロードバイクの科学_2

1月に予約して、約2ケ月待ち。
サドルを変えて、ポジション出しをした
絶妙な時期に貸出OKがでました。

これで、走りが変わるかっていわれると、
レースに出るわけでもなく、
何100kmも走るわけでもなく
楽しく走るのが目的なので
↑尻痛がなおればいいな~レベル
きっと、変わらないと思いますけど。

突如?ホイル組みの章があり。
いつかは、手組ホイールしたい気分になってしまいました。
↑すぐに感化されるタイプです

とにかく、「沈黙は金」ということで、
↑映画、ジャッジ!より拝借
多くは語りませんが、
おすすめの一冊です

自転車好き、走り好きなら、
一度は目を通すとよいと思います
↑おわびに、大宣伝で~す





関連記事

 ロードバイクの科学

0 Comments

Add your comment