子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

パンク修理の要領でビーチサンダル修理にチャレンジ

2014
20
とうとうビーチサンダルがワニのように、口をあけてしまいました。

今までだったら、ポイっとしてたと思いますが、
自転車をいじるようになってからは、とりあえず直してみようと、
やってみようと思うようになりました。

このビーチサンダルとも、10年以上のおつきあいです。
接着剤で貼りなおしてみましょう。

まずは、剥がれた底面を剥がしてみます。
簡単にはがれます、かつ、他の部分もパカパカなので
全部ばらしてみました。

ビーチサンダル修理1

4パーツでビーチサンダルが作られています。
ゴム、プラスチック、布と多種の素材ですが、
パンク修理で培った技を駆使して修理してみます。

接着剤は、ゴム用ボンド。
100円ショップで買ってきました。

ゴム用ボンド_100円ショップ

まずは、きれいに古い接着剤を取り除きます。
そして、紙やすりで軽く表面を荒らします。
接着材がのりやすくなるでしょう。
接着剤を全面に塗って、1分程度乾かして、貼りつけます。

ビーチサンダル修理2

空気を抜きながら、しっかり手で加圧します。
あとは、浮いてこないように、洗濯バサミで固定。
1日このままで、十分乾燥させます。

ビーチサンダル修理3

あとは、この繰り返しです。
布きれパーツも貼りつけて、固定。
また、1日乾燥です。

ビーチサンダル修理4

最後は、たっぷり目の接着剤で貼りつけです。
両パーツに塗りたくり、接着。

ビーチサンダル修理6

さてさて、仕上がりはどうなることやら。

ビーチサンダル修理7

ビーチサンダル復活です!!

ビーチサンダル修理8

ぴったり、はじっこも張り付いています。

ビーチサンダル修理9

なかなかGood!

ビーチサンダル修理10

うまく、できました!!
チャレンジしたかいがありました、
今なら、なんでも修理できそうです。

*** 関連ブログ **********
  100円パッチでパンク修理
  パンク修理はおてのもの

関連記事

 パンク修理 ビーチサンダル修理 ゴム用ボンド

0 Comments

Add your comment