子ばなれパパの自転車日記

娘二人の子ばなれできないパパが、ミニベロでキャンプを楽しむブログ

シートポスト FSAカーボンとGIOSアルミ比較

2014
03
シートポスト FSAカーボンとGIOSアルミ比較です。

初カーボンということで、ちょっと興奮気味。
伝えたいことがたくさんで、第2弾ブログとなりました。

FSAのカーボンシートポストK-FORCEは、先のブログで紹介したので、
GIOSのアルミシートポストを掘り下げます。

GIOSシートポスト1

素材:アルミ
ポスト径:φ27.2mm
シートバック:30mm(ポストセンターから金具センターの実測)
       FSAより5mm大きい。
       あまり意識がなかったですが、0mmと思ってました。
長さ:350mm

重量は、338g。
FSAのK-FORCE換装で、147gの軽量化です。

GIOSシートポスト21

ワイヤーロックもやめたので、何と346gの軽量化。

GIOSシートポスト22

金具のネジは1本。
簡単にサドルの前後、傾きが調整できます。

GIOSシートポスト4

FSAは2本ネジ。
調整は、手が3本必要で、イラっとすることがあります。
締付けも均等にしないといけません。
ここは、GIOSに軍配。
でも、値段の高いシートポストはほとんどが2本ですね。
なぜでしょう?

FSAカーボンシートポスト12

サドルの向きは、溝の組み合わせで調整。
FSAは溝がなく、無段階です。

GIOSシートポスト3

FSAカーボンシートポスト17

シートポストを固定するクランプです。

GIOSクランプ1

カーボン用は、ねじの締付けの切れ目がななめが多いです。
均等に締め付けられるということですが・・・
ななめだと、均等?
元機械設計者としては、うなづけないです。

GIOSクランプ3

なかなか、かっこいいですね~。
やっぱり、この金属色がGIOSブルーには合います。

GIOSのアルミシートポストは固着防止にグリスを塗りましたが、
摩擦増加のカーボン用グリスは持っていないので、今回はなし。
FSAに付属しているようですが、中古なのでなし。
10gぐらいで小売しているといいんですけど。
まー、何か問題があれば購入とします。

カーボンの締付けは、シビアなようですが、
ゴッドハンドがあります。
緩めに締め付けて、ズレたら増し締めで対応です。
だんだん、適当になってる自分が怖い。

奇しくも、FSAシートポスト到着の翌日からGW突入!!
世間では、GW後半戦と言われていますが、走るぞ~。

*** 関連ブログ **********
  カーボンシートポストFSAのK-Force使ってみました




関連記事

 FSA K-FORCE シートポスト GIOS 軽量化 セットバック

2 Comments

kenzee  

こんばんわ~
1本ねじ仕様は、一つのねじで「固定」と「角度調整」をしないといけないから、
あのギザギザがストッパーの役目をしています。
2本ねじ仕様は同じ「固定」も「角度調整」も擦るわけですが、前後二本で留めているから
ギザギザが無くてもずれる事がありません。
そしてサドルの角度調整もギザギザは歯の数によって角度が決まってしまい、
「水平180度にしたいけど、179度になって次は181度になってしまう」っていう場面が
出てくる恐れがあるけど、
二本では、ギザギザがない分、180度でも180.5度でも180.2度でも無段階で出来るのが売りなんですよね^^
私は背が低いから、次買うときはセットバックゼロの2本締めのを買いたいです♪

2014/05/05 (Mon) 00:48 | EDIT | REPLY |   

ブルー  

Re: タイトルなし

kenzeeさん、こんにちは。
いつもご指導ありがとうございます。
微調整ができるってことですね。納得です。
頻繁に調整するところではないですが、今回ブログの写真とるために取外し
が多かったので、2本締めは毎回大変でした。
でも理由を聞くと、だんぜん2本締めですね~。

2014/05/05 (Mon) 09:17 | EDIT | REPLY |   

Add your comment